リアルSF「工場夜景展」秋田初上陸!動員数2万人超写真展 
全国から現地まで、未発表作品含む約200点を7/27~8/12公開

  • English (United States)
  • 日本語

企画概要

企画名 行ける工場夜景展 in 秋田(工場夜景の写真展&物販展)
開催期間 2019.7.27 (土) 〜 2019.8.12 (月)
営業時間 11:00-19:00
休館日 なし
会場 道の駅あきた港 セリオン2F「ポートシアター」
011-0945 秋田市 土崎港西1丁目9番1号
電話番号 03-5809-3917
入場料 600 / 3歳以下は入場無料
主催 道の駅あきた港 セリオン/秋田朝日放送
企画 株式会社BACON

株式会社BACON(べーこん)は、道の駅あきた港 セリオン2F「ポートシアター」(秋田県秋田市)において、はっと息を呑むほど美しい工場夜景、その場所に“行ける”ことをコンセプトにした、新たなアート体験が楽しめる写真展「行ける工場夜景展 in 秋田」を2019年7月27日(土)~8月12日(月・祝)に開催します。秋田での開催は初開催となり、現地秋田県の工場夜景の作品も展示が予定されています。来場者数は2万人を突破した話題の写真展の巡回展になります!

「行ける工場夜景展」とは

― 工場夜景は、“見る”から“行く”へ ―
数年前の工場ブーム以来、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつあります。なかでも夜景の美しさは群を抜いており、装飾されていないありのままの美しさは見る者を圧倒します。
本展は、そんな「工場夜景」の合同写真展です。最大の特徴は、実際に“行ける”工場だけを集めているという点。工場夜景がもつ美しさを、写真だけでなくその目で感じて欲しいという想いから、各作品ともアクセス情報など解説付きで展示します。

「行ける工場夜景展 in 秋田」みどころ!

本展の一番の特徴は、作品を見て、その場所へ行けること。アクセス情報など解説付きで展示するため、展示作品と同じ構図を自分の目で見に行き、撮影ができる点が人気の写真展です。

出展作家は、写真集「工場夜景」の監修も務める大倉裕史や片山英一など本格写真家から、ネットで人気を集める山崎まさし(@masa.105)などに加えて、写真展の受賞歴を持つ桑原大典(@ace_kuwahara_photograph)やSNSで人気の永冨詠二(@eiji5866)や東淳二(@junji.higashi)、本展メインビジュアルにも選ばれたao2yoshi(@ao2yoshi)などの参戦が決定!全23組が未発表の新作を含む約200点以上を展示予定です。

SNS投稿キャンペーン“行ける美しさ”をゲット
会場内のお気に入りの作品を撮影後にタグづけしてSNS投稿してくれた方には、1日10組限定でm___oowさん(@m___oow)が本展のために描き下ろした、オリジナルステッカーをプレゼントいたします!

<応募方法>
#行ける工場夜景展 のハッシュタグを付けて、Instagram、Twitterへの投稿画面を受付スタッフに見せるだけでOK。

KADOKAWAより初の公認書籍

本書は、2015年から開催されている「行ける工場夜景展」公認、第一線で活躍する工場夜景のアーティスト15名のその瞬間の美しさを撮影した作品を集めた写真集です。会場限定特典として、行ける工場夜景マップを購入者限定にプレゼントされる予定。※無くなり次第終了

<書籍情報>
タイトル: 「行ける工場夜景展」公認!行ける工場夜景写真集
発売日 : 2019年7月25日(木)
定価  : 本体1,900円+税
ISBN  : 978-4-04-604324-5
判型  : B5判 / 128ページ
出版元 : KADOKAWA
Amazon予約アドレス: https://www.amazon.co.jp/dp/4046043245

参加クリエーター

工場夜景